2008年10月31日

ぽっぽぽぽぽぽ♪

えへへ、うふふハートたち(複数ハート)
ついにやって来ましたぴかぴか(新しい)
何かというと・・・・、

これ↓

20081030090847-1.JPG


昨日、明け方3時ごろ、広島から到着黒ハート
近所の西濃運輸さんまでお迎えに行って参りました。

8月19日生まれの女の子。
名前は以前から決めてた 「たんぽぽ」 に決定。
通称ぽぽちゃん、ヨロシクね。
(「ひまちゃん」に対抗して「たんちゃん」ではありませんのであしからず・・・)

ひまちゃんが我が家にやってきた時は生後2ヶ月弱。
ぽぽちゃんは2ヶ月強。
ひまちゃんの方がおっきかった気がするなぁ。
ひまちゃんのときは、この子にはセントバーナードの血が混じってるのでは??と思ったほどだったもんなぁ。

とにかく、いっぱい食べて、いっぱい遊んで元気に育ってくれることを願うばかり。

P1000465-1.JPG P1000434-1.JPG

P1000441-1.JPG

 ひまちゃん、ぽぽちゃん、仲良くしてね。





posted by mickey at 22:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 幼少期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

祝!1周年

早いものでひまちゃんが我が家に来て1年が経った。

DVC00039.JPG当初はこのクッションに上るのも一苦労で、おもちゃをくわえてえっちらおっちらようやく上り、さぁ、おもちゃで遊ぼうとおもちゃを放した途端、おもちゃがクッションの下に落ち、

「あがっ!Σ( ̄ロ ̄lll)」

という顔をよくしてたなぁ。



DVC00065.JPG  DVC000671.jpg

↑大きさ比較 


最近、ひまちゃんが窓の外を眺めてると、夫が、「淡路に帰りたいって。」といじわるを言う・・・(-_-;)
posted by mickey at 14:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 幼少期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

共働き終了

新卒で入社して9年働いた会社への出社が今日で最後だった。
まだイマイチ実感わかないけど、よく頑張ったよ、自分。

うちは共働きでわんこを飼ってたわけなんだけども、夫は自営業、私の会社はスーパーフレックス(1日8時間じゃなくて、月何時間)だったので、比較的飼いやすい環境ではあったと思う。

DVC00011_1.JPGひまちゃんがウチにやってくるタイミングに合わせて夏季休暇と合わせて10日ほど休みを取り、休みが終わった後は、朝早く会社に行って夕方早く帰り、遅く出て遅く帰る夫と時間差でやってきた。
ひまちゃんの調子が悪いときは、朝病院に連れて行ってから出社したり、ほんとはダメだけど仕事を家に持ち帰ったり・・・。
睡眠時間は減ったけど、この前の健康診断ではストレス指数が格段に減ってた。
(「いつもより幸せと感じたことがあったか?」いうような質問は、今まで「いつもと変わりなし」てな感じだったけど、今回は「大いにあった」だったし。。。)


DVC00003_1.JPG仕事から帰って来ると、ひまちゃんがウンチまみれ。。。ってこともあったけど、それでも”幸せと感じる”ことの方が格段に多いんだよねぇ。

これからは、ちょうど季節もいいことだし、マナー教室なんかも行ってみたいなぁ。


何はともあれ、お世話になった皆様、ありがとうございましたm(__)m
posted by mickey at 03:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 幼少期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

かわいい・・・

いつもお邪魔しているサイトのOjou-Chanさんのところにもうすぐ新しいワンコが来るそうだ。(http://ojouchan.blog47.fc2.com/blog-entry-92.html

かわいい。。。
やっぱ赤ちゃんワンコはかわいすぎる(>_<)

ひまちゃんもこんなに小さかったのに、いつの間にやら大きくなったもんですねぇ。。。
(もちろん今でもカワイイが)

DSCF0229.JPG  DSCF0228.JPG


posted by mickey at 02:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 幼少期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

幼少期編 〜降りれないなら登らないで・・・〜

とても好奇心旺盛だった幼少期。
いろんな所に登ってくれました・・・。

我が家は3階建てだが、ひまちゃんが自由にできるのは2階のみ。
私が1階に行っていると、上からひまちゃんの鳴き声が・・・。
どうした、どうした?と上に行ってみると、3階への階段を3段登ったところで上にも下にも行けず立ち往生しているひまわりさん。
この事件以来、階段を決して登ろうとしないので、ある意味よかったのか。。。
(写真をうまく撮れなかったのが心残りである。)


DVC00002.JPG
←ご飯を入れている箱に入り込み、身動きが取れなくなったひまわりさん。



DVC00011.JPG
←我が家のリビングのテーブルは、天板の下に物置がついているようなタイプである。その隙間にうま〜く入り込んだひまわりさん。




DVC00034.JPG
←ケージの中においているクレート代わりのキャリーの上に登り、早朝から「降〜ろ〜し〜て〜」と鳴き叫ぶひまわりさん。





いずれも私に救出される。



ひまちゃん、最近はあまり無謀なチャレンジはしなくなったね。
(図体がでかくなって物理的に無理なだけか・・・?)

DVC00080.JPG
↑ちなみに現在のひまわりさん。大きくなったね・・・。
posted by mickey at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼少期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

幼少期編 〜耳ダニが!!〜

9月17日(土)

この日は健康診断を兼ねて二度目のワクチンを打ちに病院へB

どの病院がいいか迷ったんだけども、やっぱり何かあったときの為に自宅から近い方がよかろうと思い、できてまだ新しい、うちから徒歩10分ほどの病院に決定。
電話をしてワクチン接種の日程を相談する。

ひまちゃんはまだトイレトレーニングが終わっていないので、待合室でそそうしては困ると思い、トイレシーツやらウェットティッシュやらを準備。
当日朝にしたうんちを持って病院へ。

院内は新しいだけあってとてもキレイ。
初めてなので問診票などを記入し、ひまちゃんの写真を撮ってもらう。
診察室に入り、まず体重測定。1.7kg。
持参したウンチをチェックして下さっている間、ひまちゃん、診察台から棚へ移動しようとしたりと興味津々。
その後体温測定。

先生「じゃぁ、体温計についた採れたての便を調べてみますね」

・・・・・・なんだ、うんちは持参しなくてもよかったのか・・・。

(でもちゃんと持参したうんちも診てくださった。。。ほろり )

その後、耳のチェック。

耳ダニ発見!!

顕微鏡がモニターにつながれており、見せて頂いた。
めっちゃ「ダニ」だった・・・。(当たり前だが・・・)

耳掃除用のローションをつけたコットンで何度かひまちゃんの耳を拭いたとき、茶色っぽいものがつくなぁ、ちょっと荒れてるのかも??と思ってはいたが、ダニがいましたか・・・。

で、耳の毛を抜いてダニを殺す薬を入れるのだが、この時にひまわりさん大暴れ!
この世の終わりかというくらいに鳴き喚き、抵抗しまくる。待合室にいらした方もさぞ驚かれたと思われるくらいの鳴き方。
私ではうまく押さえられず(すみません・・・)看護士さんに変わってもらう。
なんとか薬を入れ終わり、ようやくワクチンの注射。
(ワクチンは先生と相談の末、3回打つことに。)
こちらは拍子抜けするくらい全く動じず、すんなり終わる。

「この耳がよっぽど気持ち悪かったのでしょう。その気持ち悪いところを触られてさらにイヤで暴れたんだねー」と、ひまちゃんを優しくなでる先生。とても優しくいい先生です。

今回の薬ではダニの卵は死なないので、卵が孵った頃にもう一度薬をいれなければならないそうな。しばらく耳の治療のため通院することに。
フィラリアの薬(1か月分)と点耳薬を頂いてこの日は終わり。
頂いた診察券とレシートにはひまちゃんの写真が。このために撮ったのね。

DSCF0239.JPG   DVC00006.JPG
         ↑楽なのだろうか?この寝方・・・↑
 
posted by mickey at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 幼少期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼少期編 〜ひまさん、初めてのお留守番〜

私には20年来の付き合いの友人が3名いる。

この3名と毎年それぞれのお誕生日会(という名の無駄話会)を開いている。
友人Aのお誕生日会を9月4日(←ひまちゃんが我が家に来た次の日)に開催することになっていた。いつもは既婚・子持ち・家持(二世帯)の友人Bの家でやるのだが、8月に私が引越しをしたので今回は我が家でやることに。(この時点ではまだわんこを飼うことは決定していなかった)
わんこを迎える日を決定する際、3日だと次の日お誕生日会だなぁと思ったが、ウチに来てくれるから問題ないか、と3日に決めた。
いつも前日に待合せ時間や配車等の相談をするので、そのときにわんこのことも一応言っとくかぁ〜とか思っていた。

前日夜、友人Bからメールが届いた。
「明日、やっぱりウチ(友人B宅)に来てもらってもいい?子供(2歳半)を連れてくのしんどいし」


えええええ???


今更???
てか、私が明日のおもてなしの準備をしているとは思わんのか??(してないけど。。。さすが親友・・・。)

一応、「実は今日から犬を飼い出して、旦那は仕事やし、まだ小さいし家に来たばっかりやから、私は2〜3時間(うちからBの家までは片道1時間弱)しか家あけられへんねんけど・・・」と言ってみる。


友人B「うちの子、犬恐いねん」


置いて来い!!!
旦那は??
二世帯で住んでるじじばばは???



と言いたいのをぐっとこらえる。

友人A「今回はしょうがないね、Bの家にしよか」
友人C「私はどっちでもええよ〜」

1日しか一緒に暮らしていなくても、ひまちゃんは我が子も同然、正直、人んちの子供よりもかわいい。とはいえ、人間の子にかなうわけもないことは百も承知。

当日、後ろ髪をひかれながらひまちゃんを残して友人宅へ。
談笑しながらもひまちゃんのことが気になって仕方がない。
そうこうしていると、Bの息子のトイレタイム。

友人B「今、この子トイレトレーニング中やねん。だから出かけたくなかってん。」


うちの子もトイレトレーニング始まったばっかりなんですけどっっ!!


と言いたかったが、私も大人、「そうなんやぁ」と返す。

そして私はB宅を早々に引き上げることに。

大急ぎで帰ってみると、案の定、うんちまみれのひまわりさんの姿が。。。
でも元気そうでよかった。。。

友人とは今も仲良くやってます。

DSCF0234.JPG
↑9月4日当時のひまわりさん。こんなに小さなわんこも恐いのか。

posted by mickey at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼少期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

幼少期編 〜夜鳴き、朝鳴き〜

今日は最初に悩まされた夜鳴き、朝鳴きについて。

結婚前も実家で犬を飼っていたんだけども、現在も健在のトイプーも、その前のマルチーズも夜は両親の布団で寝ていたので、夜鳴きに悩まされることはなかった。
しかしこれからのことを考えると(一緒に旅行に行ったときやお留守番のとき等)、ひまちゃんには一人で寝てもらえるようになってもらわなければ。


1日目

我が家にやってきたひまわりさん。
初めての夜がやってきた。
夜は2階のリビングに置いたケージで一人で寝てもらいます。
リビングでテレビを観ていたのだが、そろそろケージに入ってもらおうかなとひまわりさんをケージに入れる。案の定、キャンキャンと鳴く。ク〜ンというよりワンワンに近いような鳴き方。こりゃキビしい・・・。
とりあえず電気を消して、テレビはつけたままにしてるとしばらくすると疲れたのか寝だした。しかし完全に寝てくれたのは2時を回ってた。
ようやく寝てくれたようだったので、こっそりと3階の寝室に行く。
朝6時ごろ、ひまわりさんの泣き声で目を覚ます。
しかしここで降りていくわけにはいかないのでしばらく我慢。15分ほど鳴いた後少し静かになったので降りていく。

昼間もケージに入れて私は3階にいるという時間を作る。当然のことながら鳴く。
それでも30分ほどで諦めて寝るようだ。


2日目

1日目と同じようにまずケージに入れて電気を消して、テレビを観ながら寝てくれるのを待つ作戦に。・・・・・・が、一向に静かにならない。しばらく鳴いてしばらく静かにして、またすぐ鳴き出して・・・の繰り返し。
私がそばにいるのがいけないのかと思い、寝室へ行く。しばらく待つが鳴き止む気配なし。近所迷惑になりそうな鳴き方をするので、いけないと思いつつも仕方なく下へ。でもケージからは出さず傍で様子を見る。相変わらず鳴くが、さすがにちょっと疲れてきたのか徐々に静かな時間が長くなっていき、私もリビングでうとうとしつつ、4時ごろ寝室へ。
そしてまた6時半には鳴き出す・・・。

昼間、ケージに入れて私は部屋の外へ。鳴き止んだら褒めに行く、というのを繰り返しやってみたが、全く効果が見えない。。。そんな簡単に効果が出るものではないのだろうけど・・・。


3日目

この日はケージに入れて電気を消した後、廊下で待機。静かになったら褒めに行くという昼間の作戦をやってみたがやっぱり効果なし。しょうがなくこの日も静かになるまでリビングで待つことに。


4日目

とにかく元気なひまわりさん。
部屋の中を所狭しと猛ダッシュ。まだお散歩には行けないので部屋の中を駆け回ってもらうしかない。
この日は寝る前に運動をしてもらうことに。
しばらく遊んでは寝て、を繰り返す子犬。
寝る前に少し長めに遊ぶことに。そして疲れたころに就寝。
むむ、鳴いてない!!作戦成功!?
早朝はやっぱり鳴き出す。


5日目

この日も運動作戦。
寝る前に遊んで疲れたころに就寝。
・・・が、鳴く・・・。
遊び足りなかったのかと思い、もう一度遊ぶことに。
で、寝る前に凍らせたペットボトルにタオルを巻いてケージの中に入れてみた。
運動した後にひんやりしたものがよほど気持ちよかったのかあっさり寝てくれた。
早朝は鳴くものの、鳴いてる時間は徐々に短くなってきた。数回鳴いて諦めるようだ。


6日目

運動&ペットボトル作戦。
就寝後30分くらいしたら鳴き出した。
が、15分くらいで鳴き止む。
早朝鳴きもほんの数回。


7日目

運動&ペットボトル作戦。
ほとんど鳴かなくなった。
すぐに寝なくても、ペットボトルのふたを噛んでみたりとおもちゃとしても気に入ったよう。
作戦が効を奏したのか、ただ単に慣れたのかはわからないけど、この日から夜鳴き、朝鳴きに悩まされることはほとんどなくなった。


★★★

ひまちゃんはケージに入れられて鳴くのは30分くらいだった。
結構しっかり鳴くので近所迷惑になりそうな夜は困るけど、昼間はそんなに困らない。

とにかくケージがいやな場所にならないよう、

・ケージに入ったときにはご褒美をあげる
・お仕置きには決して使わない
・快適な環境にする

ということをしていると、比較的早くケージに一人でいることに慣れてくれたようだ。
生後2ヶ月くらいで食べられるようなさつまいもジャーキーとか、ガムほどじゃないけど少し時間がかかるようなものをあげてから姿を消すようにすると、割とすんなりお留守番もできるようになった。
今では、夜は「寝よっか」、昼間は「そろそろ行くわ」とテレビを消すとハウスをしてくれるようになった。

DVC00023.JPG
↑ケージの中のペットボトルの横で気持ちよさげに寝るひまわりさん
posted by mickey at 15:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 幼少期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

出会い編

もう随分経ってしまったけど、覚えてる範囲で書いていこう。。。

8月7日(日)

念願のお引越し。
結婚後、約1年3ヶ月住んだマンション(友人曰く雑居ビル。このマンションについてはまた今度詳しく書こう)から、ペット可の一軒家へ引っ越した。
で、犬の本を読んだり、ペットショップに行ったり、ネットでブリーダーを探したりとわんことの生活に夢膨らむ。
当初、フレンチブルを探してたんだけど、夫がフレブルの可愛さをわかってくれなかったのと、近くにブリーダーさんが見つからなかったので断念。。。
候補の絞りなおし。私たちの生活スタイルから考えるとフレブルか狆、シーズー、トイプーあたりがいいと思うんだけど。
そんなある日、いつも見てたわんこのお悩み相談のサイトに里親募集のページがあったので何気なく覗いてみた。その中に <シーズーの赤ちゃんの里親募集 (兵庫県)> というのを見つける。掲載されたのはなんと数時間前!夫が以前シーズーのことを可愛いと言ってたので、早速夫に連絡。それと同時に掲載してた人に連絡してみた。詳しく聞いてみると、ご自宅で飼ってるシーズーに男の子と女の子の赤ちゃんが産まれたとのこと。両親血統書つきで病気なし、産まれた子供も健康診断では異常なし、ワクチン等の諸経費(25,000円)は負担してほしいということだった。こちらの家庭の状況とかを説明し、写真を送ってもらった。性別は私はどっちでもよかったのだが、女の子の方だった。

DVC00021.JPG
↑送って頂いた写真。生後40日ごろ。

ブリーダーさんから買うなら直接見学に行って・・・という流れになると思うけど、今回は里親募集ということもあり、写真と色々と伺ったお話で決めた。(夫もOKしてくれたことだし。)
ちなみに血統書はつけてません。ブリードする気は更々なかったので必要ないし。
で、受け渡しは1回目のワクチン接種が終わった1週間後ということに決定。
早速ケージやらトイレやら必要と思われるもの(必要ないものもあったかも^^;)を用意して、夏休みの申請をして、準備万端!


9月3日(土)

待ちに待ったお迎えの日。手土産(譲って下さることになった方への)を用意して車でお迎え。夫は仕事のため、私一人でお迎え。兵庫県内ならどこでも行く覚悟はあったんだけど、お迎え先は海を渡った淡路島。車で1時間くらい。全然余裕。
待合せ場所でいざご対面!!

ちっちゃい!かわいい!!ふわふわーー!!!黒ハート

実家(わんこの)で食べていたフードを少し分けていただき、食事の時間とか何点か確認した後、用意していたキャリーに乗せて帰路へついた。
社内では最初、クンクン鳴いてたけど、30分も経つと寝息に変わってた。途中、休憩を入れようかと考えてたけど、よく寝てるようだし、そのまま自宅を目指すことに。

DVC00020.JPG
↑車中でパシャリ。ちょっと不安そう。。。

心配してた車酔いもなく、無事に自宅到着。(ほっ)
まずケージに入れお水をあげると顔全面びしゃびしゃにしながら飲んでた。これはお水入れを考え直さないと・・・。(最初は普通のお椀タイプを用意していたが、このことがあって水入れはハムスターの水飲みみたいなやつに変更)
名前は何点か候補があったけど、実際に見てみて「ひまわり」に即決定。
しばらくしたらケージの中で寝だしたので、その間にわんこの実家へ、無事ついたことと名前をご報告。
本当にありがとうございましたm(__)m

posted by mickey at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼少期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。