2006年11月27日

事件発生!

私がお風呂に入っていると、夫が血相を変えてやってきた。

「ひまちゃんが俺の薬食べた!!」

夫が歯医者でもらってきた薬をテーブルの上に置いていたところ、ちょっと目を離した隙にひまちゃんがそれを食べたらしいのだ!!

見てみると、4種類ある薬のうち食べたのは”レフトーゼ”という消炎剤。
「食べた」というよりは「包みごと噛んで遊んでた」と言うほうが正しいのだが、結果として2粒分の中身を食べたようだ。


時間は午前1時。
夜間救急の動物病院を調べて、一番近そうなところに電話してみるがつながらない。
とにかくつながるところを探して京都の病院に掛けてみる。

つながった!!

状況を説明して、薬について調べてもらうが時間がかかっている。。。

いつもの病院の先生の携帯電話の番号があったので、夜分失礼なことは重々承知の上かけてみる。

う、、、やっぱり寝てらした。
が、いつも通り丁寧に対応してくださった。
(先生、ありがとうございます!!)

「薬が胃に入ったのなら、もう吸収は始まっているので、吐き出させるのはワンちゃんが苦しいだけ(もちろん殺虫剤などの毒物の場合は話は別)なので、この後のことを考えましょう」

ということだった。

「歯医者でもらう消炎剤なら、考えられる副作用として、嘔吐、下痢、さらにひどい場合には肝臓なんかに障害が出るかも・・・」

と言われ超不安に。。。

「もちろん何ともない場合もあるので、とりあえず様子を見て、吐いたりお腹を下したりするようであれば、絶飲・絶食をして明日(もう今日だったが)診察してみましょう」、と。

ひまちゃんは至って元気にしているが。。。

そうこうしてるうちに京都の病院の先生から連絡があった。

「レフトーゼはあまり副作用が出るような薬ではないので、そう心配はいらないけど、不快感で吐いたり下痢をしたりすることがあるかもしれない。ひどいようなら主治医の先生に診てもらうように。」

ということだった。

ほっっっ!!
とりあえずはそんなに心配はいらないようだ。

でも下痢をしたりするかもしれないので、この日は一緒に寝ることに。

朝になっても嘔吐も下痢もなくいつも通り元気なご様子。
が、一応朝ごはんは抜いて病院に連れて行く。

診ていただいた結果、”レフトーゼ”は卵白からできている酵素なので、副作用とかはまず心配ないし、おなかの調子も問題なさそうとのこと。
ご飯も通常通りあげて大丈夫ということだった。


その後もひまちゃんは何の変わりもなく、食用旺盛。
あああ、ホントによかった。。。

たまたま食べたものが影響のないものだったし、包みも飲み込まなかったし、「ラッキー」以外の何物でもない。

夫ともども反省し、とにかく危険なものはひまちゃんの手の届く所には置かないと固く誓った。。。


061124_212202.jpg←いつも通り元気に(?)テレビを観るひまわりさん。
(わんこが出てた)

何事もなくてホントによかったぁ〜〜〜〜!!!



posted by mickey at 17:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誤飲はこわいですよね。。。

何事もなくてラッキーでしたね

わたしも気をつけねば。。。
Posted by えびパパ at 2006年11月27日 21:50
◆えびパパさん、

ほんとに・・・。
まだまだ何にでも興味を示す(家の外ではそんなことないんですけど)ので、油断大敵です。。。
Posted by mickey at 2006年11月27日 22:38
何事もなくて、本当によかったですね。 影響を及ぼす薬でなくてよかった。 そんな事考えずに、テレビを見てる後姿が可愛い。

うちも大変です。 想像もしないような事をしょっちゅうしでかしてくれるんで、まだ元気で居るのが信じられないくらいです。 私が知らないだけで、色んなものを食べてるように思います。 だって、いつも口を動かしてるから、無理やり口をあけようとすると、急いで飲み込むし・・・ こまってます。
Posted by Ojou-Chan at 2006年11月27日 23:43
◆Ojou-Chan さん、

>無理やり口をあけようとすると、急いで飲み込むし・・・

そう!そうなんです!!
うちもなんかクチャクチャさせてるなぁ、、、と思って、つかまえようとすると、慌ててゴックン・・・。
だからおやつと交換ってするようにしてるんですけど、たまに「フンッ」って鼻であしらわれます(-_-;)
Posted by mickey at 2006年11月28日 14:16
大事に至らなくてよかったけど・・・。
1)「何でそんなモン置きっぱなしにしとんよっ!何でひまちゃんが飲み込む前に気づかんかったんよっ!」と罵倒されたであろう旦那さんがやや気の毒。。。
2)1時に起こされた先生、もっと気の毒。。。
Posted by どり at 2006年11月28日 22:57
◆どりちゃん、

>1)

”とりあえず心配はいらない”とわかるまでは、グッッ!とこらえたよ〜。
(旦那本人がかなり動揺してたので)
病院にはもちろん付き合わせた。


>2)

いや、ほんとに。。。

でも、ホンマにいい先生で、
「いえいえ、これが仕事ですし、いつでも対応できるように枕元に電話置いて寝てますから。」
と言って下さった。

夫:「人間ができとるなぁ。オレやったらぶち切れとる。」

・・・どの口がこんなことを言わすのか(怒)。
Posted by mickey at 2006年11月29日 10:19
この記事でS一先ず安心しました
一錠飲んでしまった
Posted by 助かりました at 2011年10月20日 23:05
◆助かりましたさん、

長らく更新していないブログですが、お役にたてたようでよかったです。

あれから5年、ひまちゃんは今日も元気です(^^)
Posted by mickey at 2011年10月21日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。