2009年01月24日

姉さん、事件です!

この間の夜、いつものようにぽぽちゃんが家の中を走り回っていた。
走りながら気持ちよさげにジャンプも披露。

が、事件はおきた!

障害物を飛び越えようと、大ジャンプを繰り出したたんぽぽさん。
が、着地目測を誤ったその先には私の足が!!
着地に失敗したぽぽちゃんは、今まで聞いたことがない声で「キャン!キャン!!キャーーーン!!」と鳴き、動かない!!
慌てて私が近づくと、今度は仰向けになって左手をまっすぐ上にあげたまま(挙手の状態)固まってしまった!


とりあえずひまちゃんを近づけてはならんと思い、ひまちゃんを抱っこすると、ぽぽちゃんも立ち上がろうとするが、左手を床につけることができないらしい。


時計を見ると、夜8時半。
かかりつけの病院は8時まで。
確か、車で15分くらいのところにある病院が夜間診療もしてたはず・・・と電話番号を調べ、かけてみると「いいですよ、連れてきてください」とのこと。
ぽぽちゃんを毛布にくるみ、お風呂に入っている夫を呼びに行く。

夫がいつもの病院に一度電話してみろというので、一応電話してみる。
すると、まだ先生は病院にいらして、状況を伝えると、

「子犬ちゃんは大げさにすることがあるので、明らかに折れてるとか変なところで曲がるとかといったことがないようであれば、1時間ほど様子を見てみてください。10時ごろまで病院にいますので・・・」とのこと。

「そうですか、わかりました、様子を見てみます」

と電話を置いた私。



そんな悠長なことが言ってられるかーーー!!



というわけで、最初に電話した夜間救急へ連れて行った。
診察室に入ると、「一度床におろしてみて頂けますか?」ということだったので、床におろしてみたが、やっぱり左手をつけようとしない。
診察台で念入りに曲げたり伸ばしたりと右手をチェックしてくれる先生。


私 : 「・・・・・・・あの、左手なんですけど・・・。」


一抹の不安を抱いたものの、レントゲン撮影のために先生に預けることに。

待つこと10分。

4方向から撮影されたレントゲンを見ながら説明してくれた結果、骨には異常なし。
もちろん捻挫なんかだとレントゲンではわからないので、痛み止めの注射をして様子をみてみることに。
・・・ん?注射を打つ前からなんだか左手に力強さが蘇ってきた感が・・・。

ま、とにかく、骨に異常がなくて一安心。
さ、お会計、お会計。


「17,000円になります。」



・・・・・・・。
1万、、、7千円・・・・・・。



家に帰った途端、何事もなかったかのように走り回るたんぽぽさん。


・・・・・・・。
1万、、、7千円・・・・・・。



(かかりつけの病院の)先生!
信用しなくてゴメンナサイ。。。。

P1000648.JPG ← 仲良さげなふたり。

 実は、そうでもない・・・。

 
posted by mickey at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 病気・けが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

あららららら〜そうだったの〜@@
それは大変な出来事でしたね。
でもぽぽちゃん何事もなくて本当によかったですね。
高い出費はイテテテテ〜でした〜お察し申し上げます。
夜間診療ってホント高いですよね。
我が家も先代(ベン母)の時に鼻血だして夜中に夜間診療所にいって見てもらったことあります。
当直の先生怪我は見れるけど、内診は〜って結局何も見てくれなかったのに1万もとられた@@
ぼったくりもいいとこでしょ!
かかりつけのお医者さんになんといわれようとまっすぐ連れて行けばよかったですね^^;
ぽぽちゃん今も元気印なのね。よかったよかった〜☆
Posted by ベンクラママ at 2009年02月06日 00:29
◆ベンクラママさん、

夜間診療+レントゲンで高額だったようです。。。
まぁ、「安心料」と思うことにします(^^;)

鼻血!!
それはビックリしますよね!
夜間診療って、かかるだけで高額とられるんですね・・・(-_-)

犬用の保険、真剣に入ろうかと考えました・・・(^^;)
Posted by mickey at 2009年02月06日 17:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。